HOME > データ復旧 > SCSIハードディスクからのデータ復旧

データ復旧

SCSIハードディスクからのデータ復旧

当店【オータムサポート】では、新旧様々な規格のハードディスク・メディアからのデータ復旧に対応しています。

長年使用していたサーバーが動作しなくなり、データ復旧を依頼したいが、SCSIのハードディスクのため業者が対応してくれるのか心配、という方も安心してご相談ください。

当店は前身会社からの歴史を含めると、20年以上営業を続けている実績から様々な規格に対応したデータ復旧用機器を保有しています。

新旧様々な規格のハードディスク・メディアのイメージ画像

現在は販売されていない古い規格

SCSI(スカジー)

SCSI機器は1990年ころから2005年ころまで、ハードディスクやCD-ROM、MO、イメージスキャナ等との高速な接続インターフェースとして使用されてきました。

特にSCSIハードディスクは、その信頼性の高さからサーバーやワークステーションに好んで使用され、現在でも多くのサーバーで動作しています。

一口にSCSIといっても、長く使用されてきた中でバージョンアップを繰り返した結果、様々な速度・コネクタ形状があり、適切に使用できるケーブルや機器を判断するには深い知識が必要となります。

〈SCSIの種類〉
  • SCSI-1
  • Fast SCSI (Fast SCSI-2)
  • Fast Wide SCSI (Wide SCSI-2)
  • Ultra SCSI (SCSI-3)
  • Wide Ultra SCSI (Wide SCSI-3)
  • Ultra2 SCSI
  • Wide Ultra2 SCSI
  • Ultra3 SCSI (Ultra160)
  • Ultra320

SCSIのイメージ画像です。

IDEハードディスク

現在のハードディスクはシリアルATA(SATA)が主流ですが、WindowsXPが使用されていたころシリアルATAはまだ存在せず、IDEハードディスクが主流でした。

現在ではIDEハードディスクは製造されておらず、秋葉原のパソコンパーツ専門店でもほとんど取り扱いはありません。

このため、IDEハードディスクを接続するための機器も入手がしづらくなり、パソコンに詳しい方でもIDEハードディスクを今のパソコンに接続することは困難になりました。

IDEハードディスクのイメージ画像です。

LIFハードディスク、ZIFハードディスク

IDEハードディスクの一種ですが、こちらは小型のパソコンやビデオカメラ等で使用されていた1.8インチサイズの小型のハードディスクです。

接続ケーブルはリボンケーブルと呼ばれるフィルム上のケーブルを使用しますが、リボンケーブルの接続部分は破損しやすく、作業に慣れていない場合、差込口を破損してしまうことがあります。

また、LIFハードディスクとZIFハードディスクは出ている信号は同じもので、見た目も一見して区別はつきませんが、使用するケーブルの厚さが異なります。両者を同じものと誤解している修理業者も多いので、注意が必要です。

LIFハードディスク、ZIFハードディスクのイメージ画像です。

MO

ハードディスクとは異なりますが、データ復旧においてはMOも取り扱いが困難です。

MOはその信頼性の高さから、官公庁・デザイン業界・出版業界・放送業界・医療業界などで広く使用されました。

MOディスクは長期保存性に優れていますが、読み取り装置であるMOドライブはホコリに弱く、ディスクより先にドライブが故障して、読み取りができないというお話もよく聞きます。

MOのイメージ画像です。

【オータムサポート】が対応できる規格

前項では古いハードディスクの規格をご紹介しましたが、お客様のほとんどは、自分が使用しているハードディスクの規格が何であるのか、わからないと思います。
あるお客様は、大手パソコン量販店にデータ復旧を依頼したところ「SCSIハードディスクには対応していない」と断られて、当店にいらっしゃいました。

当店【オータムサポート】では、前項でご紹介した規格のほかにも、ほぼ全ての規格のハードディスク・メディアに対応しております。Apple社のMacBookAirやMacBookProはハードディスクやSSDに独自の規格を使用していますが、その全てにも対応が可能です。
もちろん、古い規格だけでなく、mSATAやM.2.といった最新規格にも対応しております。

他のデータ復旧会社で断られた方も、古い規格だからとあきらめずに、当店【オータムサポート】の診断をお受けください。

一般電話の方(フリーダイヤル):0120-581-252 携帯電話の方:03-5812-3221 営業時間:10:00〜19:00(日・祝、夏季休業日、年末年始を除く)

営業時間外や、お急ぎでないときは
「お問合せフォーム」からも受け付けております。
右側にあるバナーをクリックしてお進みください。

お申込み・お問合せ:お問合せページへのリンクバナーです。

お客様に、事前にご承諾・お約束いただくことがございます。
【パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約】の内容を熟読ください。

宅配の場合、以下PDFファイルを印刷の上、サインして同梱してください。

パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約PDFダウンロード パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約HTMLダウンロード

【利用規約PDF】が開けない方は、【利用規約HTML】をご利用ください。

修理受付場所について

お持込・宅配便でパソコン修理をご希望のお客様は、下記の住所までご持参、又は送付いただきます様お願い致します。
お電話等でのご予約無しでご来店の場合でも、その場で無料診断を致しておりますので、お気軽にご来店下さい。
※分解が必要な作業などはお預かり(有償)となります。

〒110-0016 東京都台東区台東3-39-4
オータムサポート

オータムサポートの周辺地図画像です。:近隣駅は地下鉄日比谷線・仲御徒町駅1番出口です。

パソコン修理・PC修理[PC Repair]
パソコン修理・PC修理
ノートパソコン修理
パソコン修理・PC修理
総合料金表
電源ユニット交換・修理
メモリー交換・
メモリ増設
グラフィックボード交換
・修理
マザーボード交換・修理
OS(オーエス)
リカバリー
光学ドライブ(DVDドライブ・BDドライブ)交換・修理
持込み修理サービス
宅配便受付サービス
パソコン即日修理
パソコン故障診断
サービス
代替機 無料貸出し
サービス
液晶パネル交換・修理
インバーター交換・修理
バックライト交換・修理
電源ジャック交換・修理
キーボード交換・修理
CPUファン交換・修理
ウィルス・スパイウエア
駆除サービス
ランサムウェアの駆除と
データの復元
データ復旧[Data Recovery]
データ復旧
ノートパソコン
データ復旧
データ復旧 総合料金表
USBメモリ・SDカード・
デジタルカメラデータ復旧
外付けハードディスク(外付けHDD)・NASのデータ復旧
RAIDハードディスクの
データ復旧
ゴミ箱データの復旧・復元
データバックアップ
設定作成サービス
SCSIハードディスクからのデータ復旧
総合料金表一覧
パソコン修理・PC修理
総合料金表
データ復旧 総合料金表
ハードディスク交換
総合料金表
ご利用規約一覧
パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約
携帯サイト
【オータムサポート】携帯サイトのQRコードです
スマートフォンサイト
【オータムサポート】スマートフォンサイトのQRコードです
カード決済 ご利用可能カード
カード決済 ご利用可能カードの画像です
オータムサポート
会社名
株式会社オータムテクノロジー
〒110-0016
東京都台東区台東3-39-4
TEL 03-5812-3221
FAX 03-5812-3882

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム・自然エネルギーを活用した「太陽光発電」で楽しみながら省エネ・節電をしませんか?:蓄電システム.com

PAGE TOP