HOME > ハードディスク交換 > ハードディスク交換

ハードディスク交換

ハードディスク交換

弊社にお越しになる、ハードディスク交換をご希望のお客様は、大半の方がパソコンは壊れないと思っていましたと、口々におっしゃられます。

パソコンは電子部品で構成されていますが、実は重要な記憶装置である、ハードディスク(HDD)は機械部品なのです。
使えば使うほど、磨り減り、変形し、重力にすら影響を受け、最後には壊れるのが機械部品の宿命です。

壊れたパソコンを前にした男性のイメージ画像です。

このハードディスク(HDD)の内部では、記録面は高速回転し、読み取り装置は高速に移動し、大量のデータを瞬時に保存し、瞬時に読み出し、まさに曲芸を成す部品です。この為、衝撃に弱く、小さな歪みにより致命的な故障に至ります。

ハードディスクは衝撃に弱いことを説明したイメージ画像です。

このハードディスク(HDD)に、パソコンの動作に必要なデータのすべて、お客様のデータすべてが保存されていますので、一度トラブルが発生すると、大変な被害となります。

パソコンが起動しない、ファイルやフォルダが開けないという症状の多くはハードディスク(HDD)の故障です。また、パソコンの起動が異常に遅くなった、データを開くまでの時間が異常に遅くなった、などの症状が発生した場合、ハードディスク(HDD)が故障する前兆です。

私どもは、パソコンをご購入後、2年以上のお客様には、ハードディスク(HDD)交換をお勧めしますが、大半は壊れていないから交換はしませんと言われます。

しかし、壊れてからでは遅いのです。お子さんの成長を記録した、写真データを例に挙げれば、撮り直しの効かない貴重な財産をすべて失います。

お仕事でお使いのパソコンでは、数年分の蓄積されたデータ資源をすべて失います。大切なデータを失う事を想像すれば、ハードディスク(HDD)交換は非常に安い修理代であると、お気づきになるでしょう。早めにハードディスク(HDD)交換を、是非ご検討ください。

※ハードディスク(HDD)自身の修理はできません。

ハードディスク(HDD)交換を必要とするパソコンの故障症例

具体的な故障症例
  • マイコンピューターで、ドライブをクリックすると、「今すぐフォーマットしますか?」というメッセージが出て、ドライブが開けない。
  • ファイルやフォルダが開けない。
  • ファイルやフォルダが文字化けしている。
  • パソコンの電源を入れてから、起動するまでに異常に時間がかかる。
  • パソコン起動時にメーカーのロゴマークは表示されるが、Windowsの起動画面に移らず、黒い画面に白文字でセーフモードなどのメニューが出て、どれを選んでも勝手に再起動してしまう。
  • ハードディスクからカッタン、カッタンと大きな音が出ている。
  • ハードディスクが回転していない。
  • パソコン起動時にメーカーのロゴマークは表示されるが、以下のようなメッセージが表示されて、停止してしまう。
  • 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、
    Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
  • STOli: xxxxxxxx Unknown Hard Error (xはいずれかの英数字)
    Hard Unknown Error
  • ご迷惑をおかけしています。Windowsが正しく開始できませんでした。
    最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。
  • Missing Olierating System
  • Olierating System Not Found
  • Non system disk
  • Invalid system disk
  • DISK BOOT FAILURE
  • INSERT SYSTEM DISK AND liRESS ENTER
  • lirimary Hard Disk not found. liress F1 to Continue
  • HARD DISK INSTALL FAILURE
  • lirimary master hard disk fail
  • lirimary slave hard disk fail
  • Hard disk(s) diagnosis fail
  • Disk error
  • SMART error
  • No boot device

ハードディスク(HDD)の故障原因

記録面の経年劣化

ハードディスク(HDD)の記録面は、磁性体が塗布されており、記録の原理としては馴染みのあるカセットテープなどと同じです。パソコンは0と1の信号をもとに情報を記録しますので、1であるべき信号が0に変わってしまっただけで、障害の原因になります。

排熱不良や異常発熱

パソコンの構造や、設置場所が不適切な際に、ハードディスク(HDD)の熱が逃がせない、または、ハードディスク(HDD)自身の回転部品などが異常な発熱をして、磁性体の記録に障害を及ぼすようです。傷害が発生しているハードディスクは異常に熱くなる物が多く見受けられます。

読み取り装置、回転装置の故障

ハードディスク(HDD)の構造は、高速回転する記録面(円盤)と、その両面に読み取り装置が配置されており、レコードのターンテーブルと針のように、読み取り装置が記録面を往復しています。衝撃や回転軸の歪みで、読み取り装置が壊れることがあります。

電子回路の故障

ハードディスク(HDD)は、パソコンに接続された際に、動作に必要な信号や、データの行き来を制御する電子回路が内蔵されています。この電子回路が故障すれば、ハードディスク(HDD)自身のコントロールも、データの行き来も、同時に失ってしまいます。

ファームウェアの故障

ハードディスク(HDD)には自身を制御するためのソフトウェアが組み込まれています。特定のハードディスクにおいてはこのソフトウェア(ファームウェアといいます)に不具合があり、機器自体に損傷がなくても動作しないことがあります。

ハードディスク(HDD)の交換作業

お申し込みの前に確認を

ハードディスク(HDD)交換による、パソコンの修理を行う際は、まず、パソコンの動作に必要なOS(WindowsやMAC−OSなど)の情報を含んだ、OSリカバリーディスク(CD-ROMまたはDVD-ROM)が必要になります。

ハードディスク交換には、リカバリーディスク・再インストールディスクが必要になることを説明したイメージ画像です。

WindowsVistaまではパソコン購入時に付属品として添付されていますが、Windows7以降の最近のパソコンは、ハードディスク(HDD)内に保存されている場合があり、お客様のパソコンにOSリカバリーディスクが付属していない場合や、お客様自身で作成されていない場合は、メーカーから取り寄せて頂く必要があります。

OSリカバリーを実施しないと、パソコンを購入時の状態に戻せませんので、OSリカバリーの手段が無い場合は、ハードディスク(HDD)交換を行っても無意味です。(現在、正常に動作しているパソコンの場合は、丸ごと、新しいハードディスクにデータ転送が可能です。ご相談ください。)

  • ※OSリカバリーディスクは、メーカー純正の物をご用意ください。店舗で販売されているOSは、パソコンの動作に必要な情報の一部が含まれておらず、パソコンが正常に動作しない可能性があります。
  • ※Windows98以前のパソコン等でハードディスク(HDD)交換をご希望の場合、適合するハードディスク(HDD)が入手できない場合がございます。
  • ※WindowsME以前のパソコンで、ハードディスク(HDD)交換後、OSリカバリーを、弊社にご用命いただく場合、パソコンの仕様等により、作業時間が通常以上にかかり、作業費が高額になります。できるだけ、買い替えをお勧めします。

アドバンストフォーマット(AFT)のハードディスク(HDD)

ハードディスクの仕組みは、長い間、大きく変わることはありませんでしたが、大容量ハードディスクが一般的になりだした2010年ごろから新しいファイルシステムのハードディスクが登場しました。

新しいファイルシステムを、アドバンストフォーマットテクノロジー(AFT)と呼びますが、これは大容量ハードディスクを、効率よく使用するために、開発された仕組みです。

ハードディスクのインターフェースや形状に変更はないため、通常パソコンを使用している際には意識することはありません。

ただし、AFTではないハードディスクからAFTである新型のハードディスクへと換装する場合には注意が必要となっています。

AFTのハードディスクは、WindowsVista以降であればおおむね対応しておりますが、WindowsXP以前では、そのまま使用した場合には、速度が遅くなるといった問題が発生します。

また、メーカー製パソコンのリカバリーディスクでは、AFTのハードディスクではエラーが出て使用できないといった場合もあります。

内蔵ハードディスク交換 修理対応メーカー一覧

【オータムサポート】では、下記の内蔵ハードディスクメーカーの修理に対応しております。

  • HGST(日立IBM)
  • SEAGATE
  • WESTERN DIGITAL
  • サムスン
  • 東芝
  • 富士通

一般電話の方(フリーダイヤル):0120-581-252 携帯電話の方:03-5812-3221 営業時間:10:00〜19:00(日・祝、夏季休業日、年末年始を除く)

営業時間外や、お急ぎでないときは
「お問合せフォーム」からも受け付けております。
右側にあるバナーをクリックしてお進みください。

お申込み・お問合せ:お問合せページへのリンクバナーです。

お客様に、事前にご承諾・お約束いただくことがございます。
【パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約】の内容を熟読ください。

宅配の場合、以下PDFファイルを印刷の上、サインして同梱してください。

パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約PDFダウンロード パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約HTMLダウンロード

【利用規約PDF】が開けない方は、【利用規約HTML】をご利用ください。

修理受付場所について

お持込・宅配便でパソコン修理をご希望のお客様は、下記の住所までご持参、又は送付いただきます様お願い致します。
お電話等でのご予約無しでご来店の場合でも、その場で無料診断を致しておりますので、お気軽にご来店下さい。
※分解が必要な作業などはお預かり(有償)となります。

〒110-0016 東京都台東区台東3-39-4
オータムサポート

オータムサポートの周辺地図画像です。:近隣駅は地下鉄日比谷線・仲御徒町駅1番出口です。

パソコン修理・PC修理[PC Repair]
パソコン修理・PC修理
ノートパソコン修理
パソコン修理・PC修理
総合料金表
電源ユニット交換・修理
メモリー交換・
メモリ増設
グラフィックボード交換
・修理
マザーボード交換・修理
OS(オーエス)
リカバリー
光学ドライブ(DVDドライブ・BDドライブ)交換・修理
持込み修理サービス
宅配便受付サービス
パソコン即日修理
パソコン故障診断
サービス
代替機 無料貸出し
サービス
液晶パネル交換・修理
インバーター交換・修理
バックライト交換・修理
電源ジャック交換・修理
キーボード交換・修理
CPUファン交換・修理
ウィルス・スパイウエア
駆除サービス
ランサムウェアの駆除と
データの復元
データ復旧[Data Recovery]
データ復旧
ノートパソコン
データ復旧
データ復旧 総合料金表
USBメモリ・SDカード・
デジタルカメラデータ復旧
外付けハードディスク(外付けHDD)・NASのデータ復旧
RAIDハードディスクの
データ復旧
ゴミ箱データの復旧・復元
データバックアップ
設定作成サービス
SCSIハードディスクからのデータ復旧
総合料金表一覧
パソコン修理・PC修理
総合料金表
データ復旧 総合料金表
ハードディスク交換
総合料金表
ご利用規約一覧
パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約
携帯サイト
【オータムサポート】携帯サイトのQRコードです
スマートフォンサイト
【オータムサポート】スマートフォンサイトのQRコードです
カード決済 ご利用可能カード
カード決済 ご利用可能カードの画像です
オータムサポート
会社名
株式会社オータムテクノロジー
〒110-0016
東京都台東区台東3-39-4
TEL 03-5812-3221
FAX 03-5812-3882

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム・自然エネルギーを活用した「太陽光発電」で楽しみながら省エネ・節電をしませんか?:蓄電システム.com

PAGE TOP