HOME > パソコン修理・PC修理 > バックライト交換・修理

パソコン修理・PC修理

バックライト交換・修理

ノートパソコンの液晶バックライト故障は、液晶パネルに内蔵されている冷陰極蛍光管(CCFL)の劣化が原因の場合や、インバーター故障、マザーボード故障などが考えられます。

個体差もありますが、通常に使用されている場合ですと、冷陰極蛍光管(CCFL)の寿命は約3年と言われています。しかしながら電源を切ることが少なく、常時液晶パネルを点灯させている様な使用環境であれば劣化が早く、一年も経たずに故障する例もございます。

ノートパソコンのバックライトは、蛍光灯と同じ原理で構成されていることを説明したイメージ画像です。

液晶のバックライトは、お客様にわかりやすくご説明するとすれば、部屋の照明である蛍光灯と同じ原理で構成されています。蛍光灯と同じく、材質はガラス管です。バックライトは液晶パネルの背面から、画像を照射する役割を担っていますので、故障しますと、画面が真っ暗になり、表示していないかの ように見えます。

バックライトが故障してしまったノートパソコンは、現在、お客様が製品を購入したメーカーで修理することはできません。メーカーの修理サポートに ご依頼の際は、通常は液晶パネル交換が必要と言われ、5〜10万円程度の高額の修理費が見積もられますので、とても修理に出すことはできないでしょう。

当店【オータムサポート】では、このようなバックライト切れでお困りのお客様に安価でスピーディな修理をご提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

バックライトの仕組み

ノートパソコンに採用されているバックライトは、大半が液晶パネルの下部に組み込まれており、液晶パネルを構成する部品の一部です。バックライトは、液晶モジュール、カラーフィルターの背面から、光を照射する光源であり、これに対して液晶モジュールとカラーフィルターが、画像を作り出していま す。

バックライトは、液晶パネルの下部に組み込まれていることが多いことを説明したイメージ画像です。

このような仕組みを数ミリの厚さの装置に構成しているのが液晶パネルということになります。
バックライト(冷陰極蛍光管)の仕組みは冒頭でご説明した通り、蛍光灯のようなものですので、数ミリの厚さしかない液晶パネル内には、非常に細い(直径2mmほど)蛍光管が組み込まれています。

お客様の中には、バックライトは着脱可能な部品であるとお考えの方がいらっしゃいますが、大半はそうではありません。蛍光灯の器具のように、蛍光管を着脱することはできず、電極はハンダで直接配線されています。液晶パネル自体をうまく分解する技術と、繊細な修理作業がバックライト交換には必要となります。

当店のバックライト交換サービス

弊社では常に数種類のサイズのバックライト(冷陰極蛍光管 CCFL)を在庫しております。

診断の結果、故障個所がバックライトだけであればその日のうちにご返却することも可能でございます。また、バックライト(冷陰極蛍光管 CCFL)は取引先より大量に仕入れている為、部品代を安くご提供するサービスが可能となっております。バックライト故障の際は、お気軽に当店【オータムサポート】にお問い合わせください。

メーカーが液晶バックライトを交換しない理由

ノートパソコンのメーカーは、バックライトの交換修理を行いません。

理由としては、ノートパソコンを製造しているメーカーが液晶パネルを製造していないという点が挙げられます。液晶パネルを分解して修理しなければならないバックライト交換は、そもそも、ノートパソコンを製造しているメーカーの責任範囲内ではありません。

このため、交換するのであれば、液晶パネルごと交換しなければ、修理完了後の不具合において、部品の不良であるのか、修理が不良であるのか、判定すること が困難になってしまいます。

このような理由からメーカー修理というのは無駄に高い費用が掛かってしまいます。 メーカーでは修理不能なノートパソコンのバックライト交換を、当店【オータムサポート】では、安心してお任せいただくことができます。

バックライト、インバーターの同時故障

バックライト・インバーターの同時故障が発生する例は稀ですが、バックライトだけではなく、インバーターが同時に壊れる機種も一部存在します。この症状は、Panasonic製のCF-W、CF-T、CF-Yシリーズに多く見られます。上記の機種の場合、バックライト故障が発生してしまった際は、同時にインバーター交換修理を行わないと、お引渡し後間もなく、再度故障してしまう事例がございます。このような理由から、Panasonic製のCF-W、CF-T、CF-Yシリーズに関しましては、弊社では基本的にはバックライト、インバーターの同時交換を推奨しております。(勿論、故障個所のみの交換修理も承っております)

バックライトは蛍光灯で、バックライトを点灯させるインバーターは、言わば照明器具の役割を担っています。

一般的には、天井に設置されている照明器具が故障するという災難には、なかなか遭遇しないと思います。

インバーターが壊れてしまうという設計は、もともとの設計不良から起因する故障とも言えますが、バックライトの老朽化が故障の原因になっている場合もございます。

液晶表示が点滅を繰り返す等、バックライトに異変が見られているにも関わらず、だましだまし使用されるのは、インバーターの故障に繋がりますので得策ではありません。バックライト切れの症状が発生した際は、早急に交換が必要と言えますので、まずはお気軽に当店【オータムサポート】にお問い合わせください。

バックライト故障の症状

バックライトが故障しますと、画面が赤みを帯びたり、まったく点灯しなくなってしまいます。また、画面がちらついたり、ノートパソコンの電源を入れ始めたときは点灯していても、使っているうちに点灯しなくなったりします。このような症状が発生した場合は、バックライトの交換が必要となります。

バックライト故障のイメージ画像です。

また、ノートパソコンの機種によってはバックライト両端の配線が、高温によって炭化することで、配線の径が細くなり、やがて切れてしまう現象や、液晶パネルを支えているヒンジ部分で配線の断線による点灯不能に陥ることがあります。このような故障は、バックライトの故障ではなく、ケーブルの補修や交換 が必要となります。

修理をご希望の際は、パソコンをお預かりの上、ご使用の機種の構造・破損状況から、修理箇所の特定調査が必要となりますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

LEDバックライト方式の液晶パネルについて

今までご説明しました蛍光灯と同じ、冷陰極蛍光管によるバックライトの方式を「CCFL(Cold Cathode Fluorescent Lamp)バックライト」と呼び、「LED(Light Emitting Diode)バックライト」と区別するためによく使われる用語です。

CCFLバックライト方式の液晶パネルよりも長持ち・省電力とされている為、殆どのメーカー・機種でLEDバックライト方式の液晶パネルが搭載されるようになりましたが、やはり「CCFL方式のバックライト切れと同じ故障症状」となることがあります。

しかし残念ながら、LEDバックライトが切れてしまった液晶パネルの修理は現在承っておりません。お受けできます修理内容としましては、液晶パネルの交換修理となります。

デスクトップ一体型パソコンのバックライト故障

デスクトップ一体型パソコンは、ノートパソコンに比べてなかなかバックライトが故障するという症状はありませんが、稀に故障・修理のお問い合わせを頂くことがございます。

デスクトップ一体型パソコンの画像です。

しかしながら、現在弊社では、デスクトップ一体型パソコンのバックライト故障に関しましては、部品調達の困難もあり、基本的には修理を承れない状況でございます。

ただし、デスクトップ一体型パソコンの場合でも、液晶パネルのサイズが18インチ以下の場合ですと、修理対応出来る場合がございますので、お気軽に当店【オータムサポート】にお問い合わせください。

診断料金(お持込・宅配便)
項目 定額料金
初期診断料(修理ご用命時無料) 3,000円
分解診断料(修理ご用命時無料) 6,000円
割増料金
項目 割増料金
即日返却サービス 各持込作業料金の20%増し

※上記料金は即日修理が成功し、当日お受け取りにいらっしゃらないお客様に対しての適用となります。
当日にお受け取りのお客様につきましては、通常料金の適用となります。

液晶修理(お持込・宅配便)
項目 定額料金 備考
液晶パネル交換 12,000円
液晶パネル交換(Mac全機種) 16,000円
液晶バックライト交換 18,000円
液晶バックライト交換(Mac全機種) 22,000円
液晶インバーター交換 10,000円
液晶インバーター交換(Mac全機種) 12,000円
液晶ケーブル交換 16,000円
液晶ケーブル交換(Mac全機種) 22,000円
液晶バックライト、インバーター同時交換 22,000円
液晶バックライト、インバーター同時交換
(Mac全機種)
26,000円
液晶ヒンジ補修(接着で補修できる程度) 10,000円 液晶関連同時
作業時半額
液晶ヒンジ交換 12,000円 液晶関連同時
作業時半額

液晶部品価格(実費)

液晶部品価格(実費) 価格帯
液晶パネル(平均価格) 15,000円〜30,000円
液晶バックライト 1,500円
液晶インバーター(平均価格) 1,500円〜8,000円

一般電話の方(フリーダイヤル):0120-581-252 携帯電話の方:03-5812-3221 営業時間:10:00〜19:00(日・祝、夏季休業日、年末年始を除く)

営業時間外や、お急ぎでないときは
「お問合せフォーム」からも受け付けております。
右側にあるバナーをクリックしてお進みください。

お申込み・お問合せ:お問合せページへのリンクバナーです。

お客様に、事前にご承諾・お約束いただくことがございます。
【パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約】の内容を熟読ください。

宅配の場合、以下PDFファイルを印刷の上、サインして同梱してください。

パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約PDFダウンロード パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約HTMLダウンロード

【利用規約PDF】が開けない方は、【利用規約HTML】をご利用ください。

修理受付場所について

お持込・宅配便でパソコン修理をご希望のお客様は、下記の住所までご持参、又は送付いただきます様お願い致します。
お電話等でのご予約無しでご来店の場合でも、その場で無料診断を致しておりますので、お気軽にご来店下さい。
※分解が必要な作業などはお預かり(有償)となります。

〒110-0016 東京都台東区台東3-39-4
オータムサポート

オータムサポートの周辺地図画像です。:近隣駅は地下鉄日比谷線・仲御徒町駅1番出口です。

パソコン修理・PC修理[PC Repair]
パソコン修理・PC修理
ノートパソコン修理
パソコン修理・PC修理
総合料金表
電源ユニット交換・修理
メモリー交換・
メモリ増設
グラフィックボード交換
・修理
マザーボード交換・修理
OS(オーエス)
リカバリー
光学ドライブ(DVDドライブ・BDドライブ)交換・修理
持込み修理サービス
宅配便受付サービス
パソコン即日修理
パソコン故障診断
サービス
代替機 無料貸出し
サービス
液晶パネル交換・修理
インバーター交換・修理
バックライト交換・修理
電源ジャック交換・修理
キーボード交換・修理
CPUファン交換・修理
ウィルス・スパイウエア
駆除サービス
ランサムウェアの駆除と
データの復元
データ復旧[Data Recovery]
データ復旧
ノートパソコン
データ復旧
データ復旧 総合料金表
USBメモリ・SDカード・
デジタルカメラデータ復旧
外付けハードディスク(外付けHDD)・NASのデータ復旧
RAIDハードディスクの
データ復旧
ゴミ箱データの復旧・復元
データバックアップ
設定作成サービス
SCSIハードディスクからのデータ復旧
総合料金表一覧
パソコン修理・PC修理
総合料金表
データ復旧 総合料金表
ハードディスク交換
総合料金表
ご利用規約一覧
パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約
携帯サイト
【オータムサポート】携帯サイトのQRコードです
スマートフォンサイト
【オータムサポート】スマートフォンサイトのQRコードです
カード決済 ご利用可能カード
カード決済 ご利用可能カードの画像です
オータムサポート
会社名
株式会社オータムテクノロジー
〒110-0016
東京都台東区台東3-39-4
TEL 03-5812-3221
FAX 03-5812-3882

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム・自然エネルギーを活用した「太陽光発電」で楽しみながら省エネ・節電をしませんか?:蓄電システム.com

PAGE TOP